AZ-304 問題集 参考書

Microsoft Azure Architect Design
マイクロソフト アジュール アーキテクト デザイン 問題集


設問数:100 題

PDFファイル

IT資格認定テストでは、公式テキスト、教科書、赤本、黒本などでの勉強があります が、なんといっても、過去問を中心とした学習で確実にかつ早期で合格ができます。特に マイクロソフト認定試験ではケーススタディ、シミュレーション問題では過去に出題されたパターンを事前に準備することが重要になります。的中問題集で本試験と類似した短 期集中型の学習で資格認定に大きく近づくこと が可能です。認定試験では、ネットワーキング、仮想化、アイデンティティ、セキュリティ、ビジネス継続性、障害回復、データ プラットフォーム、予算編成、ガバナンスに関する知識が試されます。



AZ-304 無料サンプル問題・模擬試験


出題:
ケーススタディ
これはケーススタディです。ケーススタディは個別にタイミングを合わせていません。各ケースを完了するのに必要なだけの試験時間を使用できま す。ただし、この試験には追加のケーススタディとセクションがある場合があります。提供された時間内にこの試験に含まれるすべての設問を確実 に完了することができるように、時間を管理する必要があります。
ケーススタディに含まれている設問に答えるには、ケーススタディで提供されている情報を参照する必要があります。ケーススタディには、ケース スタディで説明されているシナリオに関する詳細情報を提供する資料やその他のリソースが含まれている場合があります。このケーススタディで は、各設問は他の設問から独立しています。
このケーススタディの最後に、レビュー画面が表示されます。この画面では、試験の次のセクションに進む前に、解答を確認して変更を加えること ができます。新しいセクションを開始した後は、このセクションに戻ることはできません。
ケーススタディを開始するにはこのケーススタディの最初の設問を表示するには、[次へ]ボタンをクリックします。設問に答える前に、左側のペ インのボタンを使用して、ケーススタディの内容を調べてください。これらのボタンをクリックすると、ビジネス要件、既存の環境、問題の説明な どの情報が表示されます。ケーススタディに[すべての情報]タブがある場合、表示される情報は後続のタブに表示される情報と同じであることに 注意してください。設問に答える準備ができたら、[設問]ボタンをクリックして設問に戻ります。
概要概要
Fabricam、Inc。は、ヨーロッパ中にオフィスを構えるエンジニアリング会社です。同社はロンドンに本社を置き、アムステルダム、ベ ルリン、ローマに3つの支店を持っています。
既存の環境。ActiveDirectory環境
ネットワークには、corp.fabrikam.comとrdfabrikam.comという名前の2つのActiveDirectory フォレストが含まれています。森の間に信頼関係はありません。
Corp.fabrikam.comは、内部ユーザーおよびコンピューター認証に使用されるIDを含む本番フォレストです。
Rd。fabrikam.comは、研究開発(R&D)部門でのみ使用されます。
既存の環境。ネットワークインフラストラクチャ
各オフィスには、corp.fabrikam.comドメインのドメインコントローラーが少なくとも1つ含まれています。本社には、 rd.fabrikam.comフォレストのすべてのドメインコントローラーが含まれています。
すべてのオフィスがインターネットに高速接続しています。
WebApp1という名前の既存のアプリケーションは、ロンドンオフィスのデータセンターでホストされています。WebApp1は、注文を出 したり追跡したりするために顧客によって使用されます。WebApp 1には、Microsoftインターネットインフォメーションサービス(IS)を使用するWeb層と、Microsoft SQL Server 2016を実行するデータベース層があります。Web層とデータベース層は、Hyper-Vで実行される仮想マシンに展開されます。
ThAIT AAnartant Aranthu
anata HunArAnuranmont tataet Indtasta IAAhAnnn
IT部門は現在、別のHyper-V環境を使用してWebApp1の更新をテストしています。
Fabrikamは、ソフトウェアアシュアランスを含むマイクロソフトエンタープライズアグリーメントを通じてすべてのマイクロソフトライセ ンスを購入します。
既存の環境。問題の説明
WebApp1の使用は予測できません。ピーク時には、ユーザーはしばしば遅延を報告します。また、WebApp1の多くのリソースが十分に 活用されていない場合もあります。
要件。計画された変更
Fabrikamは、今後数年間で本番ワークロードのほとんどをAzureに移行することを計画しています。
最初のプロジェクトの1つとして、同社はハイブリッドIDモデルを確立し、今後のMicrosoft Office365の展開を促進することを計画しています。
すべての研究開発業務はオンプレミスのままになります。
Fabrikamは、WebApp1の本番インスタンスとテストインスタンスをAzureに移行し、S1プランを使用することを計画していま す。
要件。技術要件
Fabrikamは、次の技術要件を識別します。
Webサイトのコンテンツは、単一のポイントから簡単に更新する必要があります。。新しいWebアプリインスタンスをプロビジョニングすると きは、ユーザー入力を最小限に抑える必要があります。
•可能な限り、コストを削減するために既存のオンプレミスライセンスを使用する必要があります。
•ユーザーは、常にcorp.fabrikam.comのUPNIDを使用して認証する必要があります。
Azureリージョンに障害が発生した場合に備えて、Azureへの新しいデプロイは冗長にする必要があります。
•可能な場合は常に、Azure AppServiceの標準料金階層を使用してソリューションをAzureにデプロイする必要があります。
•ディレクトリ同期サービスに関連する問題については、ITサポートという名前の電子メール配布グループに通知する必要があります。
•AzureActive Directory(Azure AD)とcorp.fabrikam.comの間のディレクトリ同期は、Azureとオンプレミスネットワーク間のリンク障害の影響を受けてはなりません。
要件。データベース要件
Fabrikamは、次のデータベース要件を識別します。
•データベース管理者がパフォーマンス設定を最適化できるように、WebApp1の本番インスタンスのデータベースメトリックを分析に使用で きる必要があります。
顧客アクセスの中断を回避するには、データベースを移行するときにデータベースのダウンタイムを最小限に抑える必要があります。
• コンプライアンス要件を満たすには、データベースのバックアップを最低7年間保持する必要があります。
要件。セキュリティ要件
Fabrikamは、次のセキュリティ要件を識別します。
• ポリシー、テンプレート、データなどの会社情報には、社外の人がアクセスできないようにする必要があります。
•オンプレミスネットワーク上のユーザーは、インターネットリンクに障害が発生した場合に、corp.fabrikam.comに対して認証 できる必要があります。
•管理者は、corp.fabrikam.comの資格情報を使用してAzureポータルに対して認証できる必要があります。
•Azureポータルへのすべての管理アクセスは、多要素認証を使用して保護する必要があります。
•WebApp1の更新のテストは、社外の誰にも見られないようにする必要があります。
WebApp1のデータベースコンテンツをAzureに移行するための戦略を推奨する必要があります。
推奨事項には何を含める必要がありますか?
 
(A). Azure Site Recoveryを使用して、SQLサーバーをAzureにレプリケートします。
(B). AzureSQLデータベースファイルを含むBACPACファイルをAzureBlobストレージにコピーします。
(C). SQLServerトランザクションレプリケーションを使用します。
(D). AzureSQLデータベースファイルを含むVHDをAzureBlobストレージにコピーします。
 
 
 
解答:D
 
 
 
 
出題:
ケーススタディ
これはケーススタディです。ケーススタディは個別にタイミングを合わせていません。各ケースを完了するのに必要なだけの試験時間を使用できま す。ただし、この試験には追加のケーススタディとセクションがある場合があります。提供された時間内にこの試験に含まれるすべての設問を確実 に完了することができるように、時間を管理する必要があります。
ケーススタディに含まれている設問に答えるには、ケーススタディで提供されている情報を参照する必要があります。ケーススタディには、ケース スタディで説明されているシナリオに関する詳細情報を提供する資料やその他のリソースが含まれている場合があります。このケーススタディで は、各設問は他の設問から独立しています。
このケーススタディの最後に、レビュー画面が表示されます。この画面では、試験の次のセクションに進む前に、解答を確認して変更を加えること ができます。新しいセクションを開始した後、このセクションに戻ることはできません
ケーススタディを開始するにはこのケーススタディの最初の設問を表示するには、[次へ]ボタンをクリックします。設問に答える前に、左側のペ インのボタンを使用して、ケーススタディの内容を調べてください。これらのボタンをクリックすると、ビジネス要件、既存の環境、問題の説明な どの情報が表示されます。ケーススタディに[すべての情報]タブがある場合、表示される情報は後続のタブに表示される情報と同じであることに 注意してください。設問に答える準備ができたら、[設問]ボタンをクリックして設問に戻ります。
概要概要
Fabricam、Inc。は、ヨーロッパ中にオフィスを構えるエンジニアリング会社です。同社はロンドンに本社を置き、アムステルダム、ベ ルリン、ローマに3つの支店を持っています。
既存の環境。ActiveDirectory環境
ネットワークには、corp.fabrikam.comとrd.fabrikam.comという名前の2つのActiveDirectory フォレストが含まれています。森の間に信頼関係はありません。
Corp.fabrikam.comは、内部ユーザーおよびコンピューター認証に使用されるIDを含む本番フォレストです。
Rd.fabrikam.comは、研究開発(R&D)部門でのみ使用されます。
既存の環境。ネットワークインフラストラクチャ
各オフィスには、corp.fabrikam.comドメインのドメインコントローラーが少なくとも1つ含まれています。メインオフィスに は、rdfabrikam.comフォレストのすべてのドメインコントローラーが含まれています。
すべてのオフィスがインターネットに高速接続されています
WebApp1という名前の既存のアプリケーションは、ロンドンオフィスのデータセンターでホストされています。WebApp1は、注文を出 したり追跡したりするために顧客によって使用されます。WebApp1には、Microsoftインターネットインフォメーションサービス (IS)を使用するWeb層と、Microsoft SQL Server 2016を実行するデータベース層があります。Web層とデータベース層は、Hyper-Vで実行される仮想マシンに展開されます。
IT部門は現在、別のHyper-V環境を使用して、WebAnn1への日付をテストしています。
IT部門は現在、別のHyper-V環境を使用してWebApp1の更新をテストしています。
Fabrikamは、ソフトウェアアシュアランスを含むマイクロソフトエンタープライズアグリーメントを通じてすべてのマイクロソフトライセ ンスを購入します。
既存の環境。問題の説明
WebApp1の使用は予測できません。ピーク時には、ユーザーはしばしば遅延を報告します。また、WebApp1の多くのリソースが十分に 活用されていない場合もあります。
要件。計画された変更
Fabrikamは、今後数年間で本番ワークロードのほとんどをAzureに移行することを計画しています。
最初のプロジェクトの1つとして、同社はハイブリッドIDモデルを確立し、今後のMicrosoft Office365の展開を促進することを計画しています。
すべての研究開発業務はオンプレミスのままになります。
Fabrikamは、WebApp1の本番インスタンスとテストインスタンスをAzureに移行し、S1プランを使用することを計画していま す。
要件。技術要件
Fabrikamは、次の技術要件を識別します。
•  Webサイトのコンテンツは、単一のポイントから簡単に更新する必要があります。
•新しいWebアプリインスタンスをプロビジョニングするときは、ユーザー入力を最小限に抑える必要があります。
•可能な限り、コストを削減するために既存のオンプレミスライセンスを使用する必要があります。
•ユーザーは、常にcorp.fabrikam.comのUPNIDを使用して認証する必要があります。
•Azureリージョンに障害が発生した場合に備えて、Azureへの新しいデプロイは冗長にする必要があります。
•可能な場合は常に、Azure AppServiceの標準料金階層を使用してソリューションをAzureにデプロイする必要があります。
•ディレクトリ同期サービスに関連する問題については、ITサポートという名前の電子メール配布グループに通知する必要があります。
•AzureActive Directory(Azure AD)とcorp.fabrikam.comの間のディレクトリ同期は、Azureとオンプレミスネットワーク間のリンク障害の影響を受けてはなりません。
要件。データベース要件
Fabrikamは、次のデータベース要件を識別します。
• データベース管理者がパフォーマンス設定を最適化できるように、WebApp1の本番インスタンスのデータベースメトリックを分析に使用できる必要があります。
•顧客アクセスの中断を回避するには、データベースを移行するときにデータベースのダウンタイムを最小限に抑える必要があります。
•コンプライアンス要件を満たすには、データベースのバックアップを最低7年間保持する必要があります。
要件。セキュリティ要件
Fabrikamは、次のセキュリティ要件を識別します。
• ポリシー、テンプレート、データなどの会社情報には、社外の人がアクセスできないようにする必要があります。
•オンプレミスネットワーク上のユーザーは、インターネットリンクに障害が発生した場合に、corp.fabrikam.comに対して認証 できる必要があります。
•管理者は、corp.fabrikam.comの資格情報を使用してAzureポータルに対して認証できる必要があります。
Azureポータルへのすべての管理アクセスは、多要素認証を使用して保護する必要があります。
•WebApp1の更新のテストは、社外の誰にも見られないようにする必要があります。
ITサポート配布グループに通知ソリューションを推奨する必要があります。
推奨事項には何を含める必要がありますか?
 
(A). 高度なレポートを備えたSendGridアカウント
(B). Azure AD Connect Health
(C). Azure Network Watcher
(D). アクショングループ
 
 
 
解答:B