AZ-500 問題集 参考書

Microsoft Azure Security Technologies
マイクロソフトアジュール セキュリティテクノロジー 問題集


設問数:220 題

PDFファイル

IT資格認定テストでは、公式テキスト、教科書、赤本、黒本などでの勉強があります が、なんといっても、過去問を中心とした学習で確実にかつ早期で合格ができます。特に マイクロソフト認定試験ではケーススタディ、シミュレーション問題では過去に出題されたパターンを事前に準備することが重要になります。的中問題集で本試験と類似した短 期集中型の学習で資格認定に大きく近づくこと が可能です。認定試験では、セキュリティ制御と脅威保護の実装、ID とアクセスの管理、アプリケーション、ネットワークの保護に関する専門知識に関する知識が試されます。



AZ-500 無料サンプル問題・模擬試験


出題:211
webapp1という名前のAzureWebアプリがあります。
Azureリポジトリを使用して、webapp1の継続的デプロイを構成する必要があります。
最初に何を作成する必要がありますか?
 
(A). Azure ApplicationInsightsサービス
(B). AzureDevOps組織
(C). AzureStorageアカウント
(D). Azure DevTestLabsラボ
 
 
 
解答:B
 
 
 
 
 
出題:212
あなたの会社には、contoso.comという名前のAzure Active Directory(Azure AD)テナントに関連付けられているSub1という名前のAzureサブスクリプションがあります。
同社はApp1という名前のアプリケーションを開発しています。App1はAzureADに登録されています。
App1がアプリケーションユーザーに代わってAzureKeyVaultのシークレットにアクセスできることを確認する必要があります。
何を設定する必要がありますか?
 
(A). 管理者の同意なしのアプリケーション許可
(B). 管理者の同意なしに委任された権限
(C). 管理者の同意が必要な委任された権限
(D). 管理者の同意が必要なアプリケーションのアクセス許可
 
 
 
解答:B


出題:214
あなたの会社には、contoso.comという名前のAzure Active Directory Azure(Azure AD)テナントに関連付けられているSub1という名前のAzureサブスクリプションがあります。
同社は、App 1という名前のモバイルアプリケーションを開発しています。App1は、OAuth2の暗黙的な付与タイプを使用してAzureADアクセストークンを取得します。
App1をAzureADに登録する必要があります。
アプリケーションを登録するには、開発者からどのような情報を入手する必要がありますか?
 
(A). リダイレクトURI
(B). reply URL
(C). key
(D). アプリケーションID
 
 
 
解答:A
 
 
 
 
 
出題:215
Azureポータルから、Azureポリシーを構成しています。
DeploylfNotExist、AuditlfNotExist、Append、およびDenyエフェクトを使用するポリシーを割り当て ることを計画しています。
割り当てに管理されたIDが必要な効果はどれですか?
 
(A). AuditifNotExist
(B). Append
(C). DeploylfNotExist
(D). Deny
 
 
解答:C